お金会社設立時にはどのくらいの創立費がかかるのかをきちんと把握しておきましょう。創立費というのは会社を登記するまでの間に発生する会社設立費用のことです。その内訳としては、登記をするための登録免許税や発起人への報酬、賃貸料、広告費など多岐にわたります。しっかりと創立費を把握しておくことは大切でしょう。

また、創立費は償却することが可能です。これによって節税することが可能なため、覚えておきましょう。創立費については任意償却となっています。そのため赤字の年には償却しないで、黒字に転じてから償却するということが可能となるのです。任意償却は期限が設けられていないため、都合の良いタイミングで経費計上することができるでしょう。このようなテクニックがあることはしっかりと覚えておきましょう。

具体的な金額としては、まず定款認証手数料は5万円かかります。紙の定款であれば印紙代も5万円かかります。登録免許税は15万円となっています。そのため、これらの費用だけでも20万円を超えることになります。さらにその他の費用があり、資本金も準備しておかなければいけないため、一般的には創立費として数百万円のお金が必要となることが多いでしょう。このような資金をしっかりと準備しなければいけません。